東日本大震災以降、今まで以上に注目されている地震保険について  
  Home > 保険金額と損害認定基準・保険金支払い金額      
 
 保険金額と損害認定基準・保険金支払い金額
契約金額・・・
地震保険で補償される損害を受けたときに支払われる保険金額は、地震保険を付加した火災保険の保険金額の30%〜50%の範囲内かつ建物は5,000万円以内、家財は1,000万円が限度額です。
例:火災保険契約時の建物評価額2,000万円、家財500万円の場合
地震保険の契約金額は建物1,000万円、家財250万円が限度

支払われる保険金・・・
全損のときは契約金額の100%、半損のときは50%、一部損のときは5%が支払われます。
 
建物・家財
全損
契約金額の100%(時価が限度)
半損
契約金額の50%(時価が限度)
一部損
契約金額の5%(時価が限度)

全損・半損・一部損の基準・・・
 
建物
全損
主要構造部の損害が建物の時価に対する損害額が50%以上、または焼失・流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の70%以上
半損
主要構造部の損害が建物の時価に対する損害額が20%以上50%未満、または焼失・流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の20%以上70%未満
一部損
主要構造部の損害が建物の時価に対する損害額が3%以上20%未満、または床上浸水または地盤面より45cmを超える浸水

 
家財
全損
損害額が家財の時価の80%以上
半損
損害額が家財の時価の30%以上80%未満
一部損
損害額が家財の時価の10%以上30%未満

保険金が支払われない主な場合
・故意もしくは重大な過失または法令違反による損害
・地震の発生日から10日以上経過後に生じた損害
・戦争、内乱などによる損害
・地震等の際の紛失・盗難の場合

 

 
スポンサードリンク
 
         
  禁無断転載 プライバシーポリシー | 運営者情報